コミュニケーションは質より量

query_builder 2023/01/26
ブログ

‟感動”を世界に広める、

最高のアドバイザー、

最強のコーポレーターであれ!

をスローガンに、

日々活動をしています。

外食・小売を得意分野として、

活動をしています。



組織強化の話、

従業員教育をしていく時の話、

チームワークを図る上での大切なこと、

など、

ヒトが集まって、

何か一つのことを成す際に

必要になってくる

コミュニケーションについて、


「質より量を!」


と伝えている。


お互いの信頼関係を築き上げるのに、

大切なこと。



店舗(現場)において、

スタッフとの

コミュニケーション強化を図る

信頼関係を築き上げる

ということがあると、

スタッフミーティングを

しっかり開いて、

1時間とか2時間とか

ディスカッションをしようとか

店舗の方針をしっかりと話そうとか

と、捉えがちだ。

ただ、

まとまった時間をとることは、

現場において、限られた時間の中での

営業準備やクローズ作業、

シフト制による出勤をするスタッフの招集

など、やりくりするのは難しい。

また、いざ、開催することができたとしても、

開催することが目的となってしまい、

開催したことでの満足感で終わり、

核となるところが伝わらないまま、

コミュニケーションの強化を図る時間だとか、

信頼関係を築き上げるきっかけとなり、

一枚岩になることにならないのが大半である。


対して、

普段の何気ない会話、

世間話、ちょっとした出来事への印象の話、

「挨拶の声、元気があっていいね」

「お客さん喜んでいたね。良かったね」

とか、

数をこなす、

見ていること、

見られていることを持ってもらう、

接点を多く持って、

言葉を交わす回数を増やすことが、

一つ一つに対する

反応の雰囲気だったり、

返答の言葉だったり、

身体全体で感じることができるため、

相手の人となりをを肌感覚でつかめたりする。


こういったことで、

相手とどのように対峙していけばいいのかが分かり、

伝えたいことを

相手が理解する言葉で、

相手が受け入れられるタイミング

が分かるようになっていく。


ミーティングが「質」で、

接点を多く持つことが「量」ですね。



信頼関係は、

五感の

「嗅覚」

「触覚」

「味覚」で

築き上げられると聞く。

百聞は一見にしかずでしょう。

経験や体験、実際会ってみた感覚的なところ。

なんとなく馬が合う、とかいったところ。


目でみる、耳で聞くだけでは、

「聴覚」「視覚」では、信頼関係は築きにくい。

リモートでの仕事が多くなってきている環境の中で、

「○○さんとは

 実際に会ったことがないから、

 いい人なんだろうけど、

 よくわからなんだよね。」なんて感じでしょうか。


ご時世的には、

まだまだリモートでの画像を通しての

やりとりが多いかもしれませんが、

リモートとリアルと、ハイブリッド的な形をとり、

感覚で相手のことを知る機会をとって、

接点を多くとることで、

お互いの信頼関係を築き上げていってほしいですね。

記事検索

NEW

  • 研鑽を積む 考え方の考え方を学ぶ(日本経営士会のMPP研究)

    query_builder 2023/02/02
  • お客様・従業員との信頼関係の作り方

    query_builder 2023/02/01
  • 【事業計画】インプットとアウトプット(理解・吸収と表現・明言化)

    query_builder 2023/01/31
  • コミュニケーションは質より量

    query_builder 2023/01/26
  • 新店舗のお知らせ(うる虎ダイニング)

    query_builder 2023/01/25

CATEGORY

ARCHIVE